サントリーエファージュのCMに出てくる美術館が話題

サントリーエファージュのCMで、一風変わった美術館のことが、ネット上で話題に上ったことがあります。
生け花をアクセントに添え、サントリー一押しの高クオリティ化粧品を引き立てながらも、CMを撮影した場所のほうでもインパクトが強かったのでしょう。

 

サントリーエファージュのCMに出てきた美術館は、建物の周りが水で囲まれていて、現実離れしたような、少なくとも日本ではないと思った人は多かったようです。
ですが、こちらは実在する佐川美術館であり、場所は滋賀県の守山市にあります。
うがった見方をすれば、みずみずしいお肌を連想させるかのようで、エイジングケアのサントリーエファージュの宣伝に一役買っているかのようでもあります。

美術館は、けっしてCMのために作られたセットではない

建物の周りが水で囲まれているのは、サントリーエファージュのCMのために作ったセットなどではなく、普段から水に浮かんだような状態になっているのです。当地では、「水に浮かぶ美術館」として有名なほどです。周辺も含めて、建物自体がひとつの芸術作品であるかのようです。
建物も立派ですが、肝心の展示品のほうも、なかなか見ごたえがあるものばかりです。たとえば、樂吉左衛門の陶芸作品、平山郁夫の日本画、佐藤忠良の彫刻作品などなど、一見の価値があるものばかりなので、琵琶湖観光のついでにでも足を運ぶ機会を持ちたいものです。
アンチエイジング化粧品は一般に、化粧品の中でも格上のイメージが強いからか、CMも品の良いものが多く並ぶ傾向があるようです。サントリーエファージュでは、美術館のほかに、北九州の洒落た洋館を使うなど、ロケハンのセンスの良さでも、視聴者の興味をそそり続けています。

エファージュ販売窓口はこちらから→サントリー・エファージュ
※別サイトが別ウインドウで開きます。


関連ページ

サントリーエファージュの広告モデル
「エファージュ」のCMには有名人が数多くモデルとして登場し、ただものではない感を高めています。
サントリーエファージュのCM撮影場所
サントリーエファージュは、アンチエイジング化粧品としてはもちろん、CMのクオリティの高さでも評判です。撮影場所などの「舞台装置」からして、申し分のない高レベルです。
サントリーエファージュCMのロケ地
サントリーエファージュは、CMのほうでも品の良さを感じさせるものが多いと評判です。まだ年齢肌でない人にもアピールするらしく、ロケ地についても問い合わせが多い模様です。
サントリーエファージュのCM曲
サントリーエファージュは、高品質のアンチエイジング化粧品として評判ですが、CMで流れるBGMの選曲のセンスの良さでも評判になっています。