天然由来成分がポイントのエファージュの成分

成分的にみると、サントリー「エファージュ」は、天然由来成分を大切に用いた化粧品だといえます。
もちろん化粧品として使えるように、加えるべきのもの入ってはいますが、それでもお肌にやさしく働きかけるようにできていて、発売後これまでに問題となるケースは、とくには報告されていません。
化粧品一般に入っている成分をのぞいてみても、エファージュは他社の化粧品と比較して、個性的かつエイジングケアに効果的な成分配合が目を引きます。

肌に働きかける特徴的な成分

化粧水には普通のヒアルロン酸の上を行くアセチルヒアルロン酸Na、美容液では水溶性コラーゲン・加水分解コラーゲンと、高浸透力を誇るダブルのコラーゲン、クリームのは普通のセラミド以上の保水力を持つセラミド3といった具合で、年齢肌に必要な保湿ケアの質を高めてくれることでしょう。

 

サントリーはまた、肌ケアに有用な植物エキスの配合に熱心なようです。
エファージュの薬用美白美容液には火棘(かきょく)抽出物という美白成分、化粧水配合のバリア機能を高めるメマツヨイグサ種子エキス、光対策クリームのハイビスカス花発酵液など、美肌効果が確認されたものが多数入っているのが、年齢肌の改善にと期待感を高めてくれます。

エファージュのリニューアルでパワーアップした成分

実は、エファージュは最近、リニューアルが実施され、肌ケア力がさらにパワーアップしています。
その要は酵母で、サントリーが発見したラビスという酵母が新たに配合されることになったのです。
こちらも重要な美肌成分ということで、お酒のメーカーとして超有名なサントリーなだけに、発酵ものにはめっぽう強いようで、勢いあまって(いい意味で)、ついにはエファージュの改良にまで行き着いた格好になっています。

エファージュ販売窓口はこちらから→サントリー・エファージュ
※別サイトが別ウインドウで開きます。


エファージュの成分記事一覧

 

健康成分として、酵母の力が見直されるようになっている昨今ですが、実は美肌成分でもあるのです。このほどリニューアルがなったサントリーの「エファージュ」に、さっそく取り入れられています。エファージュのように、化粧品に酵母を入れるというのは、別にとっぴな考え方ではありません。長い歴史をみても、古代エジプトではビールを洗顔料として使った記録があり、古代ローマでは発酵したパンをロバの乳につけたものを顔につけ...

 
 

「エファージュ」は、サントリーがプロデュースしたアンチエイジング化粧品です。ハリアップも、エイジングケアの重要ポイントに数えられ、エファージュでは美容液に配合されたダブルコラーゲンが、ハリアップに重要な成分としてあげられます。

 
 

薬用美容液など、UVケア効果が突出しているアイテムはありますが、基本的にエファージュでUV対策は全アイテムにその素質があります。その鍵となるのがラビス酵母というサントリー独自成分で、美白ケアにはもちろん、紫外線対策成分としての一面もあるのです。

 
 

エファージュの主要な成分であるラビス酵母とは、サントリーのウィスキー開発の過程で、発酵技術の研究などから偶然に発見された酵母です。たぶんに、お酒造りには関係ないと打ち捨てられていたものが、ひょんなことから肌ケアに有益であることが見出され、エファージュ開発に役立てられたのでしょう。そういうわけで今や、エファージュの配合成分の中でも、ラビス酵母は重要な美肌成分にあげられます。光ダメージに非常に強いのが...